ダイエットのコツは3つ!私が実践したダイエット方法を大暴露!

私が実践したダイエットのコツ

ダイエットのコツは色々言われているけど、正直どれもイマイチわかりにくかったです。

なぜなら、毎年ダイエットのトレンドが変わるからなんですよね~。

ダイエットの方法も結局は情報操作されてるってわけ。

そこで私が実際にダイエットをやって、これなら誰でも実践できるだろうと思ったコツを3つお伝えします。

ダイエットのコツ1.~からやろうをやめること

明日からダイエットするから今日が最後の晩餐♪といって食べてませんか?

その気持ちでダイエットをしようとする人は、だいたい痩せられません。

明日から、あれが終わってからこれが終わってからとどんどん先延ばしになっていき、結局ダイエットを始めると決めたものの1か月経過2か月経過。

1か月あればそれなりに体重のある人は10キロ近く減量できます。

ちなみに私はスルスルむくみんというサプリメント飲み始めてから、体重を10キロ近く減量できています。

スルスルむくみんはサプリメントだから飲みやすくて続けやすいのが特徴です。

口コミを見てもスルスルむくみんは効果があった!という書き込みが多いので、試しに飲んでみるのも良いと思います。

ダイエットを後回しにする人は痩せられません。
すぐやれなければ、いつまでたってもできません。
まずは、すぐにはじめること。
これから食べる食事を少し減らしてみるもよし、どうしてもお付き合いで食べなければいけないのであれば、注文するメニューを変える、このメニューは食べないなど工夫はいくらでもできます。

ダイエットのコツ2.食べれないことを苦と思わない考え方を手に入れましょう。

ダイエットには食事制限がつきものです。

食事をするということは、減ったお腹を満たすこと。

とても幸福感が得られますね。

美味しいものを食べれて幸せ♪

ダイエットで食事制限をするとその幸福感を得ることができなくなる、そう思うから食事制限が辛いと思うのです。

でもそれは本当の幸福でしょうか?外食をしたり甘いものを食べると幸福感を得られるかもしれません。

でもそれは永遠の幸福でしょうか?甘いものを食べれば一気に血糖値が上がり、すい臓がフル稼働します。

お腹がいっぱいになれば消化しようと胃腸がフル活動します。内臓6時間近く全力疾走させているのです。

あなたは知らない間に自分の体を痛めつけているのです。

それは永遠の幸福でしょうか?

お腹が空いてお腹が鳴る。これは胃腸が活性化している健康な状態です。

それは将来の幸せにつながりませんか?ちょっと考え方を変えてみましょう。

ダイエットのコツ3.早寝早起きをして、夜の飲食は禁物

肥満傾向にある人は、生活習慣が乱れている人が多くいます。寝るのが遅く、朝早く起きれない。仕事で遅く帰ってきてから食事をして寝る人。仕事帰ると22時、00時に寝れるわけがない!!と思う方もいるかもしれません。筆者は仕事を終え帰りが22時になっても、00時には就寝する習慣をとっています。その代わり朝は早く起きて、犬の散歩に出かけそれからおいしく朝ごはんをいただきます。仕事で18時ころに軽くおにぎりなどを食べれる人は早めに食べて、帰ってからはお風呂に入って寝るための時間に使ってください。それもできない人は夜を食べない方法も一つありです。正直1食抜いたところで人間死にません。お腹が空いて夜寝れないという人は、カロリーと糖質の少ないものを少量いただくようにしてみましょう。ただ、寝れないと言い訳する人は、夕飯を抜いて1週間過ごしたことがない人です。だいたい人間は慣れます。

About The Author